心理学

【値付けの心理】高額商品も「安い」と感じさせるテクニック

こんにちは、
つよぽんです^ ^

今日のテーマは

高額の商品でも
「安い」「お買い得」と
感じさせる方法があるよ

という内容で
話を進めていきます。

今回話すテクニックは
商品が高額であればあるほど
大きな威力を発揮します。

あなたがもし

「マンツーマンコンサル」
「〇〇スクール」

といった、

高額な商品を
販売しているならば、

今回話すテクニックを使うことで、
さらに商品が売れるようになります。

逆に言えば、
高額な商品を販売する場合は、
このテクニックを使わないと

「商品がなかなか売れず
売上がたたないで
ビジネスを諦める」

という可能性が
一気に高くなります。

そうならないためにも、
今回話す「値付けの心理テクニック」を
覚えていただけたらと思います^^

「値段が安い・高い」を決める基準

今回紹介する
値付けの心理テクニックは

アンカリング効果(または、アンカー効果)

と呼ばれるものになります。

アンカリング効果を
ひと言で説明すると

「ある商品の値段が
高いか低いか自分で判断できないとき、
これまでに出てきた情報を基準にする心理」

となります。

この説明も
抽象的でイメージしづらいので、
実際に具体例を使って説明します。

Udemyで使われているアンカリング効果

あなたは「Udemy」という
オンライン学習サイトを知ってますか?

こちらのサイトでは

  • ビジネススキル
  • プログラミングスキル
  • デザインスキル
  • 音楽スキル
  • 健康

など、

さまざまなスキルを学べる
動画教材を販売しています。

Udemyは
頻繁にセールが行われていて、

「90%オフ」
「95%オフ」

といった感じで、
毎回大幅な値下げをしています。

具体的な値段でいうと

「24,000円→1,200円」

というくらいの値下げ幅です。

まさにここで
先ほど話した「アンカリング効果」が
使われています。

ここで1つ
質問させてください。

あなたなら
以下の2つの商品があったとして、

どちらの商品の方が
買いたいと思いますか?

(商品の中身は全く同じものとする)

  1. 最初から1,200円で販売されている商品
  2. 普段は24,000円で売られてて、セールで1,200円で売られている商品

繰り返しになりますが、
1の商品も、2の商品も
中身は全く同じものとします。

このような選択肢を
与えられると

ほとんどの人が2の

「普段は24,000円で売られてて、
セールで1,200円で売られている商品」

を選ぶでしょう。

===================

さらに言うと、

「セール期間」という「限定性」も
購入を促す1つの心理テクニックになりますが、
「限定性」の話はまた別記事で話したいと思います。

===================

ここではUdemyを
具体例として話してきましたが、

よく売れている商品ほど
「アンカリング効果」を使っています。

  • プログラミングスクールの料金比較表
  • 携帯電話の料金比較の案内ページ
  • 整骨院の回数券の案内(例: 回数券を購入すると通常の20%オフ)

もしあなたが

「独自商品を売っている」
「アフィリエイト記事を書いている」

など、

何かしらの商品を
お客さんに買ってもらいたい場合は、

今回話した
「アンカリング効果」を
使ってみましょう^^

無料メルマガのビジネス基礎講座(6大特典付き)

ビジネス基礎講座の対象者

  • 現在の会社の収入だけでは将来が不安だと感じている
  • 今後、給料の大幅UPが見込めないから、本業とは別で副収入を稼ぎたい
  • 誰も雇わなくても1人で始められるビジネスに興味がある
  • 学生、社会人、年齢関係なく、パソコン一台で稼ぐ方法に興味がある
  • 金銭的なリスクを負いたくない
  • ネットワークビジネス(MLM)はやりたくない
  • 自分の得意なこと、スキルを活かして稼ぎたい
  • 不労所得・少労所得に興味がある
  • 住む場所にとらわれずに出来るビジネスをしたい
  • ビジネスの自動化、仕組み化に興味がある

 

上記のいずれか1つでも当てはまれば、ビジネス基礎講座の内容は、これからビジネスを始めようとする方に多くのヒントや答えが手に入ります^^

「6大特典の内容だけでも確認したい」という場合も含めて、詳細を知りたい方は以下のボタンをクリックして、ご確認いただけたらと思います^^

無料メルマガのビジネス基礎講座の内容を確認する