マーケティング

【もしもシリーズ】麻雀解説チャンネルでビジネスするならPart4

どうも、
つよぽんです^^

今回は、

全5回のシリーズ記事

「麻雀解説チャンネルでビジネスするなら」

の4つめの内容となります。

=====================
【全5回の概要】

  1. 「麻雀」を題材にシリーズ記事をつくろうと思ったきっかけ
  2. 【集客編】見込み客の連絡先を取得する(リスト集め)
  3. 【教育編】見込み客の欲を刺激する(価値観教育)
  4. 【販売編①】見込み客→顧客への変化(良質なお客さんを作る)
  5. 【販売編②】大きく稼ぐ(一部の人が求める高額商品の販売)

(赤字部分が今回の内容)

=====================

第4回目となる今回は、
「販売編①」の話となります。

今回の記事を読むことで、

フロントエンド商品とは何か?
フロントエンド商品が赤字でもOKな理由

というのがわかるようになります。

バックエンド商品については、
次回の記事で解説していきますが、

「フロントエンド商品」
「バックエンド商品」

の概念を理解して
ビジネスを行うと、

数千万円~数億円稼げるくらいの
威力があります。

==================

■参考

英語教育系の
YouTubeチャンネルを運営されている
イングリッシュおさるさんという方が、

https://twitter.com/osaruproducer

まさに

YouTube(集客口)

LINE公式アカウント(リスト獲得)

フロントエンド商品の販売(セミナー、相談会など)

バックエンド商品の販売(オンライン英語学習サポート)

という流れで、

セールスを行って
1ヶ月ほどで3億~4億ほどを
個人で稼いでいます。

==================

大きく稼ぎたいと
考えている人は

ぜひ最後まで
読んでいただけたらと思います^^

フロントエンド商品とは?

フロントエンド商品は

利益を出す商品ではなく、
高額なバックエンド商品販売に
つなげるための商品となります。

フロントエンド商品の値段は
コレと言って決まりはないですが、

基本的に
100円〜1万円くらいの
低額で販売するのが一般的です。

メルマガやLINEで
リストを集めた段階では、

お客さんはまだ
何も商品を買っていない
見込み客の状態です。

そして、
リストの中には

最初から商品を
購入するつもりがない人もいれば、

悩みを解決するためなら
高額な商品でも購入を
検討する人もいます。

  1. 高額商品を購入する気がない人
  2. 高額商品を購入する可能性がある人

の2種類のタイプがいた場合、

どちらの見込み客に
高額商品を紹介したほうが
売れやすいでしょうか?

答えはもちろん

「②高額商品を購入する可能性がある人」

です。

高額商品を購入する可能性はあるけど、
購入できずにいる見込み客の心情としては

「この商品すごく気になるけど、
それなりに高額だから、
もし思ってたのと違ったら
大金を失うし怖いなー」

という状態になっています。

この不安を取り払うためにも、

購入のハードルが低い
500円〜5000円くらいで

「勉強会」
「60分の通話相談」
「オンラインサロン」

を用意してあげると良いです。

麻雀解説系のYouTubeチャンネルを
運営しているの出れば、

  • オンライン麻雀教室
  • ネット麻雀や牌譜検討をするのコミュニティ(オンラインサロン)
  • 雀力を伸ばしたい人向けの相談受付

などがフロントエンド商品として
相性が良いかなと思います。

そして、

このフロントエンド商品の中で、
お客さんの不安を
取り除いてあげることで、

高額なバックエンド商品の
購入ハードルが下がります。

フロントエンド商品が赤字でも良い理由

先ほどの繰り返しになりますが、

フロントエンド商品は

利益を出す商品ではなく、
高額なバックエンド商品販売に
つなげるための商品

となります。

そして、
フロントエンド商品は
基本的に低額な商品なので、
大きな利益は望めません。

例えば、

「1000円でお客さんの相談に乗ります」

というフロントエンド商品を出した場合、

相談時間が2時間、3時間と
長くなればなるほど、
時給単価は500円を下回ります。

正直これだけだと
生活するのは厳しいでしょう。

ただ、
フロントエンド商品は
それで問題ないのです。

繰り返しになりますが、

利益を出すのは
フロントエンド商品ではなく
バックエンド商品になります。

この記事の最初の方でも紹介した
「イングリッシュおさる」さんを例にすると、

イングリッシュおさるさんが
1ヶ月で3~4億を売り上げたのは

40~60万円くらいのバックエンド商品を
500人以上に購入されて、

1ヶ月で3~4億という結果を
出したのではないかと考えています。

フロントエンド商品が
仮に0円で行ったとしても、

数十万円のバックエンド商品が、
100人以上に購入されれば、
それだけで数千万円の売上となります。

このような販売方法を知っていると

フロントエンド商品は
赤字になっても問題ないというのが
イメージできるかなと思います。

今回は、
フロントエンド商品についての
話をしてきました。

次回はシリーズ最後の
「バックエンド商品」について
解説していきます^^

無料メルマガのビジネス基礎講座(6大特典付き)

ビジネス基礎講座の対象者

  • 現在の会社の収入だけでは将来が不安だと感じている
  • 今後、給料の大幅UPが見込めないから、本業とは別で副収入を稼ぎたい
  • 誰も雇わなくても1人で始められるビジネスに興味がある
  • 学生、社会人、年齢関係なく、パソコン一台で稼ぐ方法に興味がある
  • 金銭的なリスクを負いたくない
  • ネットワークビジネス(MLM)はやりたくない
  • 自分の得意なこと、スキルを活かして稼ぎたい
  • 不労所得・少労所得に興味がある
  • 住む場所にとらわれずに出来るビジネスをしたい
  • ビジネスの自動化、仕組み化に興味がある

 

上記のいずれか1つでも当てはまれば、ビジネス基礎講座の内容は、これからビジネスを始めようとする方に多くのヒントや答えが手に入ります^^

「6大特典の内容だけでも確認したい」という場合も含めて、詳細を知りたい方は以下のボタンをクリックして、ご確認いただけたらと思います^^

無料メルマガのビジネス基礎講座の内容を確認する