心理学

【実例あり】希少性の威力

こんにちは、
つよぽんです^ ^

今日のテーマは

希少な商品は
お客さんの購買行動を
助長させるよ

という内容で
話をしていきます。

希少性の威力を
一度知ってしまうと

「希少性を
活用するのとしないのとでは、
こんなに違いが出てくるのか!」

と、希少性の魔力に
とりつかれるかもしれませんw

それだけの威力を
持っているので、

希少性の価値を知らずに
ビジネスをするのは

売り上げを大きく落とすことにも
つながりかねません。

ぜひ、
希少性の力を
活用してください^ ^

それでは実際に、
身の回りで使われている
「希少性の力」が使われている
商売を2つ取り上げます。

1.飲食店で使われてる希少性

飲食店ですメニュー表を見たとき
以下のような文字を見たことは
ないでしょうか?

「1日限定5個」
「季節限定」
「在庫限り」

このような文字が書かれていると、
元々食べるつもりはなかったけど、

「今しか食べられないなら、
こっちを食べようかな」

「これまだ残ってるのかな?
聞いてみようっと」

という気持ちが働きます。

このとき心の内面では

「今食べないと損」

という気持ちが働いて、
損したく無いという感情から
希少な商品を選ぶという流れになります。

===================

【補足】

「損したく無い感情」は
以下の記事でも解説した
感情の1つにあてはまるので、

その結果、
行動を起こす流れとなります。

===================

2 家電量販店で使われる希少性

先ほどの
飲食店の事例と
同じように、

「現品限り」
「先着〇〇名さま」

という文字を
見たことないでしょうか?

これも同じような
作用が働いて、

「あとで買おうかな〜」

という余裕な気持ちを無くし

「今買わないと
手に入らなくなるかも」

という気持ちにさせて、
その場での商品購入に
つなげます。

ここでは、
飲食店と家電量販店を例に
希少性がどれくらい使われているか
説明してきました。

もちろん、
それ以外にも

  • テレビ通販
  • ネット通販(Amazonでの残り〇個)
  • 学校(難易度が高い学校ほど希少性高い)
  • 情報商材(限定〇〇部)

など、

希少性の力が働くところは
見回してみると
いろんなところにあります。

あなたが、
何かしらの商品を
売っている場合、

希少性の意識した
売り方をしてみると

売り上げに変化が
出てくることでしょう^ ^

無料メルマガのビジネス基礎講座(6大特典付き)

ビジネス基礎講座の対象者

  • 現在の会社の収入だけでは将来が不安だと感じている
  • 今後、給料の大幅UPが見込めないから、本業とは別で副収入を稼ぎたい
  • 誰も雇わなくても1人で始められるビジネスに興味がある
  • 学生、社会人、年齢関係なく、パソコン一台で稼ぐ方法に興味がある
  • 金銭的なリスクを負いたくない
  • ネットワークビジネス(MLM)はやりたくない
  • 自分の得意なこと、スキルを活かして稼ぎたい
  • 不労所得・少労所得に興味がある
  • 住む場所にとらわれずに出来るビジネスをしたい
  • ビジネスの自動化、仕組み化に興味がある

 

上記のいずれか1つでも当てはまれば、ビジネス基礎講座の内容は、これからビジネスを始めようとする方に多くのヒントや答えが手に入ります^^

「6大特典の内容だけでも確認したい」という場合も含めて、詳細を知りたい方は以下のボタンをクリックして、ご確認いただけたらと思います^^

無料メルマガのビジネス基礎講座の内容を確認する